テキスト・研究書出版

  • 博士論文を本にしたい。
  • これまでの研究成果を本にまとめたい。
  • 大学オリジナルのテキストをつくりたい。
  • 自分の講義にあった内容のテキストをつくりたい。

みらいでは、これまでのテキストや専門書の出版をとおして蓄積してきたノウハウや専門知識を活かし、弊社が取り組む分野での論文・研究書の出版やオリジナルテキストの制作などを承っております。

  1. 出版ジャンル
  2. 出版形態(企画出版・自費出版・採用条件付出版)
  3. 本を出版するまでの流れ
  4. 当社で出版するメリット
  5. 出版費用(制作費)
  6. これまで出版された主な書籍

1.出版ジャンル

特に福祉、介護、保育・幼児教育、教育、栄養分野は実績も多く、得意分野としております。
また、社会科学系や心理・看護・健康分野など、隣接分野にも対応いたします。基本的に専門書のみ承っております。一般書や文芸、手記、エッセイ、絵本などは原則としてお引き受けしておりませんのでご了承ください。

2.出版形態(企画出版・自費出版・採用条件付出版)

企画出版

先駆的な研究内容で評価が高い、またはオリジナリティあふれるテキスト企画等で、市場性があり、一定部数の販売が見込めると弊社が判断した場合、編集費や印刷費などの制作費をすべて弊社で負担し出版いたします。

自費出版

博士論文や研究論文、研究会の報告書等の出版に際し、制作費(編集費・印刷費等)を著者にご負担いただき出版するものです。原稿チェックから書籍発行まで、担当の編集者がきめ細かくサポートいたします。もちろん、弊社の出版物として書籍コードを取得し、書店等流通することも可能です(委託販売)。

採用条件付出版

大学や学校独自の実習書や初年次教育用テキスト、ご自分の授業スタイルにあったオリジナルテキスト、大学や研究会などのメンバーで共同執筆のテキストなど、主にテキストを目的に出版する場合に、テキスト採用を条件に弊社が制作費を負担して出版いたします。目安として、年間800部以上で最低3年間は確実に採用が見込めるものが対象となります。なお、書籍コードを取得し一般販売(書店経由での販売等)も可能です。

3.本を出版するまでの流れ

ステップ1:ご相談

まずはお電話、メール等でご相談ください。出版したい原稿の趣旨や内容、原稿文字数、その他希望などをお知らせください。その上で、出版形態や仕様(判型・頁数・印刷部数等)のご提案をさせていただきます。

ステップ2:お見積もり・出版条件の提示

自費出版の場合、仕様を基に制作費(編集費・印刷費など)のお見積もりをいたします。採用条件付出版の場合には、採用部数や販売計画等についての詳細をお聞きした上で出版条件をご提示します。

ステップ3:契約

制作費や出版条件に合意いたしましたら、契約書を交わし制作がスタートいたします。なお、ていねいな編集を行うために、年間の出版点数に限りがございます。予定出版点数に達した場合、制作を少しお待ちいただく場合がございます。予めご了承ください。

ステップ4:原稿の入稿

まずは、すべての原稿を入稿ください(基本的には完全原稿を入稿いただきます)。入稿いただいた原稿は、担当の編集者が不備などがないかチェックしたうえで原稿整理を行います。引用転載許可や写真掲載許可が必要な場合には、著者に代わって弊社で代行いたします。なお、原稿チェックで不備等があった場合や、原稿整理上で気がついた問題等に対し、修正や加筆、記述内容の確認・調整等をお願いする場合がございます。

ステップ5:初校ゲラの校閲

原稿をページフォーマットに組み上げて出力したものを「ゲラ」または「ゲラ刷り」と呼びます。最初に出るゲラ(初校ゲラ)を弊社にて校正を行います。校正後に著者にゲラをお送りし、内容確認をしていただきます(初校校閲)。もし、修正等がありましたら、赤ペンで修正等を行い弊社に返送いただきます。

ステップ6:再校ゲラの校閲(最終確認)

初校校閲を返却いただきましたら、赤ペンの修正をしてページアップしたゲラ(再校ゲラ)を出力します。再校ゲラは再度著者に確認をしていただきます(再校校閲)。また、カバーデザインや正式書名などをこの時点で決定します。

ステップ7:印刷

再校校閲後の最終チェックを行い、印刷所に校了(責了)の指示をします。印刷手配等は、弊社ですべて行います。

ステップ8:納品

お客様ご指定の場所1か所にお送りいたします。なお、献本等を弊社で代行することも可能です。その場合、送料及び発送手数料が別途必要となります。

委託販売

書店等での販売をご希望の方は、弊社の書籍として販売する「委託販売」を承ります。
これは、印刷部数の一部を弊社と著者の間で委託販売契約を結び、取次会社を通して書店等に配本するとともに、ホームページ等でも販売するものです。売上金は、販売経費等を差し引いた差額を著者にお戻しいたします(定価の40%程度が目安です)。

4.当社で出版するメリット

専門図書出版社から発行する信頼と業績

専門図書出版社である弊社では、経験豊かな編集スタッフが、ていねいに原稿をチェックし、的確なアドバイスを行います。もちろんそれらの編集を経て発行された書籍の多くは、各方面から高く評価されています。

自社出版図書と同じ販促活動

弊社では多くの大学・短大・専門学校と取引があり、また、専門書を取り扱う書店や図書館等にも販路があります。自費出版や採用条件付出版であっても、新刊案内や図書目録に収載してご案内し、さらに専門雑誌・新聞等の書評依頼など、自社出版物と同様の販促活動を行っております(委託販売契約を結んだ場合。これらの費用はかかりません)。
たとえば、自費出版で制作費を全額負担されても、その後委託販売によって書籍が売れた場合には、販売経費等を除いて返金しておりますので、実際の費用負担は軽くなります。

各種学会等での展示販売

弊社では、各種学会の年次大会等へ広告掲載や展示販売を行っています。もちろん、それら学会でも販売いたしますので、業界での注目度が高まります。これまでに広告掲載や展示販売した主な学会は以下の通りです。

  • 日本社会福祉学会
  • 日本地域福祉学会
  • 日本ソーシャルワーク学会
  • 日本保育学会
  • 保育士養成協議会セミナー・研究大会
  • 日本栄養改善学会

5.出版費用(制作費)

自費出版でみなさんが一番気になるのが、出版にはどのくらい費用がかかるのか、ということだと思います。
自費出版の費用は、大まかに編集費と印刷・製本費に分かれます。

編集費 原稿チェックや原稿整理、校正、デザイン、レイアウトなど、編集作業にかかる費用。
印刷製本費 組版、用紙、印刷、製本にかかる費用。

出版費用は、判型(A5やB5など)、ページ数、製本方法(並製・上製)、刷り色(カラー・2色・1色刷)、刷り部数などによって大きく変わります。判型が大きく、多色刷でページ数が多ければ、当然費用も高くなります。
また、図表や写真の点数などによっても変化します。お見積もりはお客様のご希望や仕様に合わせて、その都度計算いたしますが、一般的な仕様と部数でおおよその費用を表にまとめましたのでご参考にしてください。

■仕様
印刷
カバー:4色刷り(カラー) 表紙:1色刷り(モノクロ) 本文:1色刷り
印刷部数
500部(最低印刷部数は500部です)
製本
並製無線綴じ(ソフトカバー)・見返し付き(帯は無し)
  ページ数 編集費 印刷・製本費 諸経費 合計
A5
120 ¥360,000 ¥400,000 ¥76,000 ¥836,000
160 ¥480,000 ¥500,000 ¥98,000 ¥1,078,000
200 ¥600,000 ¥600,000 ¥120,000 ¥1,320,000
250 ¥750,000 ¥750,000 ¥150,000 ¥1,650,000
300 ¥900,000 ¥950,000 ¥185,000 ¥2,035,000
  ページ数 編集費 印刷・製本費 諸経費 合計
B5
120 ¥420,000 ¥450,000 ¥87,000 ¥957,000
160 ¥560,000 ¥550,000 ¥111,000 ¥1,221,000
200 ¥700,000 ¥650,000 ¥135,000 ¥1,485,000
250 ¥875,000 ¥800,000 ¥167,000 ¥1,842,500
300 ¥1,050,000 ¥1,000,000 ¥205,000 ¥2,255,000

※諸費用は編集・印刷費の10%となっております。
※価格はすべて税別です。

不明な点などありましたら、遠慮なくお問い合わせください。また、各種出版助成の申請に必要な書類がある場合は作成いたします。まずは、ご相談ください。

担当     : (株)みらい 企画部 荻原・安田まで
TEL・FAX: TEL 058-247-1227 FAX 058-247-1218
メール    :

6.これまで出版された主な研究書・オリジナルテキスト

■博士論文・研究書
■オリジナルテキスト
■初年次教育用テキスト


page top