書籍検索

社会学

書名 グローカル時代の社会学
サブタイトル 社会学の視点で読み解く現代社会の様相
シリーズ名
編著者 今泉礼右 編
判型 A5判/300頁
発行日 2013/05/20
定価 本体2,400円(税別)
ISBN 9784860152970
概要 グローバリゼーションが進む現代社会において、経済・雇用・働き方が急激に変化している。また、地域や家族、私たち個人に目を向ければ、少子高齢化や過疎化、格差社会などの広がりとともに価値観は多様化し、多くの課題を抱えている。本書は、グローカル(世界と地域の双方)というキーワードから、社会学の気鋭の研究者により、12の視点で現代社会を見つめ、その課題と問題解決の糸口を示し論説した。
備考

◯テキスト採用をご検討の先生へ

目次

  • 第1章 経済の変化とくらし
  • 第2章 地域社会の変化と「地域づくり」
  • 第3章 働く人の現状と雇用・処遇システム
  • 第4章 若者と仕事の意味
  • 第5章 「格差社会」としての日本
  • 第6章 無縁社会と社会関係
  • 第7章 現代日本のノスタルジアと「地域の記憶」—映画『フラガール』を巡る言説の社会学的読解から
  • 第8章 「少子高齢化問題」と国際人口移動
  • 第9章 日本の家族はどう変わってきたか—ジェンダー・性的役割分業・結婚に着眼して
  • 第10章 社会的排除と貧困
  • 第11章 社会的包摂の課題—ワークフェアとベーシックインカム
  • 第12章 「標準」と「逸脱」の規準—デュルケーム社会学からのアプローチ

カテゴリ別

シリーズ別


page top