書籍検索

実習・演習

書名 ソーシャルワーク実習プログラミングワークブック
サブタイトル 実習先-養成校-実習生が協働するメリット
シリーズ名
編著者 関西学院大学実践教育研究会 編
判型 A5判/160頁
発行日 2014/12/15
定価 本体2,300円(税別)
ISBN 9784860153298
概要 実践力のある社会福祉士の養成に向けて、実習プログラムや実習体制の充実が求められている。そのためには、実習生を中心として送り出す養成校と受け入れる実習先とでよりよい協働体制を築くこと必要である。本書は実習先・養成校・実習生が協働してつくり上げる実習プログラミングをサポートするために編まれたワークブック。プログラミングの際に役に立つ領域別プログラミングシートを紹介。
備考 書籍サポートからシートファイル等がダウンロードできます。

◯テキスト採用をご検討の先生へ

目次

  • 第1部 理論編 実習プログラムの理解
  • 第1章 相談援助演習とは何か
  • 第2章 実習プログラミングにおける三者協働の役割とメリット
  • 第3章 実習プログラムのミニマム・スタンダード
  • 第2部 実践編 三者協働による実習プログラムの活用事例
  • 第4章 実習プログラミングシートと三者協働プロセスシートの活用方法
  • 第5章 領域別プログラムとプロセスシートの事例
  • 第3部 ワーク編 三者の協働による実習プログラムに沿ったワーク
  • 第6章 事前学習のワーク
  • 第7章 実習中のワーク
  • 第8章 事後学習のワーク
  • 資料編

カテゴリ別

シリーズ別


page top