書籍検索

保育学

書名 子どものいまとみらいを考える 教育課程・保育課程論
サブタイトル
シリーズ名
編著者 田中亨胤・三宅茂夫 編
判型 B5判/288頁
発行日 2014/07/20
定価 本体2,600円(税別)
ISBN 9784860153014
概要 教育課程・保育課程がこの一冊で学べる。保育者の専門性を高めるために、従来の保育テキストの枠を超えて、教育学やカリキュラム研究の知見も積極的に取り上げた。構成は、教育課程・保育課程から指導計画へ、さらに実践へと展開していく様子やつながりがわかるように配慮した。保育の計画と 実践を5領域で読み解く試みや、コラム「先輩保育者からのメッセージ」も掲載している。
備考

◯テキスト採用をご検討の先生へ

目次

  • はじめに
  • ◆第1部-基盤となる理論を学ぶ
  • 序 章 カリキュラムを考える
  • 第1章 総論 -教育・保育に大切なこと-
  • 第2章 よりよい保育を構想するために
  • 第3章 教育・保育の基本と意味を知る
  • 第4章 教育・保育の構造を考える
  • 第5章 教育課程とはなんだろう
  • 第6章 保育課程とはなんだろう
  • 第7章 保育制度の変遷と展望
  • ◆第2部-計画と展開の方法を学ぶ
  • 第8章 教育課程・保育課程を編成するには
  • 第9章 指導計画を作成するために
  • 第10章 幼稚園における指導計画作成の実際
  • 第11章 保育所における指導計画作成の実際
  • 第12章 保育の評価と質の向上
  • ◆第3部-実践事例に学ぶ
  • 第13章 計画の実際 ●保育所(0~3歳)
  • 第14章 計画の実際 ●幼稚園(3~6歳)
  • 第15章 計画の実際 ●異年齢児保育
  • 第16章 領域「健康」に関するねらいを中心とした教育実践・保育実践事 例の読み解き
  • 第17章 領域「人間関係」に関するねらいを中心とした教育実践・保育実 践事例の読み解き
  • 第18章 領域「環境」に関するねらいを中心とした教育実践・保育実践事 例の読み解き
  • 第19章 領域「言葉」に関するねらいを中心とした教育実践・保育実践事 例の読み解き
  • 第20章 領域「表現」に関するねらいを中心とした教育実践・保育実践事 例の読み解き

カテゴリ別

シリーズ別


page top