書籍検索

心理

書名 教師をめざす学生のための教育心理学
サブタイトル
シリーズ名
編著者 今川峰子 著
判型 B5判/152頁/本文2色刷
発行日 2011/04/01
定価 本体1,715円(税別)
ISBN 9784860152239
概要 「子どもにとって教育で最も大切なものは何か」——本書は、今日の教育現場の実践に役立つ教育心理学のテキストであり、同時に著者の研究の集大成である。広範な文献や事例から教育及び心理学の歴史、成果、課題をみつめ、独自の研究成果も織り込みながら、さまざまな視点で現在の子どもの姿にアプローチする。
備考 品切中(ただいまご注文いただけません)

◯テキスト採用をご検討の先生へ

目次

  • 第1章 学校教育の歴史と変遷から今日の学習指導要領改訂まで
  • 第2章 子どもをめぐる今日的課題Ⅰ(国際学力比較の論点)
  • 第3章 子どもをめぐる今日的課題Ⅱ(家庭の教育力の低下・児童虐待)
  • 第4章 子どもをめぐる今日的課題Ⅲ(いじめ・不登校)
  • 第5章 誕生から小学校入学までの発達過程
  • 第6章 小学校から高校までの児童・生徒の発達の概要
  • 第7章 社会的・文化的文脈から影響を受ける子どもの発達
  • 第8章 歴史的文脈のなかでの子どもの発達
  • 第9章 乳児期・幼児期における発達段階を考慮した保育
  • 第10章 児童期の学習過程を考慮した教授方法
  • 第11章 知能・創造性と知能検査の紹介
  • 第12章 年齢段階からみるクラスの人間関係
  • 第13章 学級の雰囲気を左右する教師の学級運営
  • 第14章 発達障害児の心理と教育
  • 第15章 特別に支援が必要な子どもの教育

カテゴリ別

シリーズ別


page top