書籍検索

相談援助

書名 ソーシャルワークの理論と方法Ⅰ
サブタイトル
シリーズ名 ソーシャルワーカー教育シリーズ
編著者 相澤譲治 監・津田耕一 編
判型 B5判/176頁
発行日 2010/03/31
定価 本体2,000円(税別)
ISBN 9784860152024
概要 シリーズ第2巻は、ソーシャルワーカー教育における理論と援助のプロセスを学ぶ内容で構成している。まず、ソーシャルワークの対象や範囲とともに、ソーシャルワークの基礎理論となるシステム思考・生態学的視座・エコシステム視座、さらにさまざまな実践モデルとアプローチを解説する。その上で、ソーシャルワークのプロセスを段階ごとに具体的に説明する。
備考 ソーシャルワーカー教育シリーズ②

◯テキスト採用をご検討の先生へ

目次

  • 第1章 ソーシャルワークの対象と範囲
  • 第2章 ソーシャルワークの理論
  • 第3章 ソーシャルワークの実践モデルと実践アプローチの視点と方法
  • 第4章 ソーシャルワーカーの専門的態度と援助関係の形成
  • 第5章 ソーシャルワークのプロセスの理解
  • 第6章 インテーク—ケースの発見・アウトリーチ・受理面接・援助契約
  • 第7章 アセスメント(事前評価)
  • 第8章 プランニング(援助計画)とインターベンション(介入・援助の実施)
  • 第9章 モニタリング(経過観察)から効果測定・評価、アフターケア

カテゴリ別

シリーズ別


page top